一人でもできる、百年も通用するSEO対策
2022-09-04 09:59:30
1175

SEOに強いWEB記事構成案の作り方|検索意図を重視した企画案のコツ

記事の構成案をの作り方を解説。検索意図を重視した企画案のコツ
この記事の目次
  • 記事の構成案を事前に企画する目的とメリット
    • 事前の整理
    • 情報の共有
    • 事後の確認
    • 【番外編】リライトがやりやすくなる
  • 記事の構成案に必要な項目
    • メインキーワード
    • 検索意図
      • いまいち検索意図がわからない場合
    • ターゲットかペルソナ
      • ターゲットかペルソナの設定はなぜ必要?
    • 読み手への提供価値
    • 記事の着地点(記事の目的)
    • サブキーワード(オプショナル)
    • 共起語
    • 目標文字数
    • レギュレーション・注意点
    • タイトル
    • Description(ディスクリプション)
      • Descriptionを作成するコツ
    • リード(導入文)
    • 見出し・説明
  • 記事の構成案を企画する時の注意点
    • 認識のズレには気を付けよう
    • 見出しのコピペは控えよう
    • メインキーワードから離れないようにコントロールする
    • 状況に応じて構成案の作成を機に制作体制を見直そう

SEOに強いWEB記事構成案の作り方|検索意図を重視した企画案のコツ

記事やコンテンツの作成を外注するか否かに関わらず、記事執筆の前に、構成案の作成は必要不可欠のステップです。

特に記事を社内で製作する体制において、少人数でオウンドメディアの制作・運営を回したり、一人ですべてを担当したりすると、構成案の作成を省略することは多いのですが、

  • 外注に切り替える
  • 入退職による人員の入れ替え
  • 規模拡大に伴る担当者の増加

などの可能性もあるので、

きちんと共有ができるように、全ての記事を執筆する前に、この記事の解説を参考にしながら企画構成案を作成しましょう。

記事の構成案を事前に企画する目的とメリット

記事の構成案はコンテンツの設計書です。

芸術品ならいざ知らず、ユーザの疑問を解消するために存在するオウンドメディアの記事は、ブループリント無くしては書けません。

執筆の前に記事の構成案を企画する目的やメリットとして、

  • 事前の整理
  • 情報の共有
  • 事後の確認

などが挙げられます。

事前の整理

外注するか否かに問わず、事前に記事の構成案を作成すると、頭の中に漠然としていたアイディアが論理的・構造的に整理されます。また、記事の構成案を作成することは、思いつかなかった部分の発見にも役に立ちます。

情報の共有

記事の執筆を外注する場合や社内での製作体制において企画者と執筆者が異なる担当者の場合、記事の構成案を通じて情報の共有ができます。その結果、認識のズレにより生じる非効率を避けられるようになります。

事後の確認

記事の構成案があると、記事の執筆完後に校正や編集を行う際に、それを基準に確認することができます。さもなければ、「言った言わない」は必ず起きるので、とりわけ記事の作成の外注する場合は非常に厄介な問題になります。

【番外編】リライトがやりやすくなる

記事をリライトする必要性はいずれ出てきます。その時、事前に企画した構成案があると、リライトもしやすくなります。

記事の構成案に必要な項目

構成案には

  • メインキーワード
  • 検索意図
  • ターゲットかペルソナ
  • 読み手への提供価値
  • 着地点(記事の目的)
  • サブキーワード
  • 共起語
  • 目標文字数
  • レギュレーション・注意点
  • タイトル
  • Description(ディスクリプション)
  • リード(導入文)
  • 見出し・説明

などの項目があり、

この記事では、構成案に必要なこれらの項目と内容について説明していきますので、説明に従い、構成案を作成しましょう。

メインキーワード

記事の目標キーワードとなるメインキーワードを一つ指定します。

キーワードの抽出・リストアップは、「キーワードを効果的に選定するコツ|リストアップする4つの方法」で解説しており、また、リストアップしたキーワードから、対策するキーワードを選定する方法につきましては、「キーワードのグルーピンと選定のやり方」をご参考ください。

これらのプロセスを経て、対策するキーワードが決まりましたら、メインキーワードとして記入してください。

検索意図

キーワードの検索意図とは、

ユーザがそのキーワードを検索する意図、目的

のことをを指します。

例えば、「検索順位 上げる」というメインキーワードで考えると、

ユーザは、「検索エンジンでの検索結果における順位を上げる方法」について知りたいがために、そのメインキーワードで検索しているので、それが当該キーワードの検索意図になります。

いまいち検索意図がわからない場合

キーワードから検索意図を推測できない場合は、実際にそのキーワードを検索エンジンで検索して、上位表示されているページの内容から推測しましょう。

現実的に、キーワードによってはややズレていることもありますが、少なくとも検索エンジンはそう認識しているので、それを検索意図としましょう。

ターゲットかペルソナ

想定する読み手の設定です。

ちなみに、ビジネスの現場で同義語として語られがちな「ターゲット」と「ペルソナ」は、異なる概念となります。

簡単に説明すると、ターゲットは一つの集団、グループであり、ペルソナは具体的な人物像です。

ターゲットとなる集団=ターゲット層の中には、たくさんのペルソナがいる、というイメージのほうが分かりやすいかもしれません。

ターゲットかペルソナかは、ここでは、社内で使い慣れているほうで問題ありません。

ターゲットかペルソナの設定はなぜ必要?

検索意図がわかれば、それに応えるだけなので、なぜ敢えてターゲットかペルソナの設定が必要でしょうか?

それは、同じ検索意図でも、それに至るまでのプロセスが異なり、言い換えれば、

同じキーワードを検索する人でも、そのキーワードを検索する理由はそれぞれ異なるからということです。

例えば、

レストランに行きたい

というニーズがあるとします。

そのニーズを応えるために、レストランを提供すればよいのですが、どういうレストランを作るかは、文脈によって結構異なります。

  • デートとして使いたい
  • 単に空腹だから食事がしたい
  • 非日常を体験したい

などによって、求められているレストランが違います。

記事も同じです。

上記の「検索順位 上げる」というメインキーワードの例でいうと、

想定する読み手が、

  • 検索順位の低迷に悩んでいる企業のWEB担当者
  • 雑談ブログを運営している個人
  • 個人ネイルサロンのオウンドメディア
  • 検索エンジンの仕組みを勉強している学生
  • アフィリエイト収入を稼ぐアフィリエイター
  • などによって、実は、記事の内容やトーンも変わってきます。

    後ほど詳しく触れる記事の着地点もそれによって影響されます。

    読み手への提供価値

    では、この記事を通じて、読み手(ターゲット/ペルソナ)に、どのような価値を提供しますか?

    それが、「読み手への提供価値」です。

    注意が必要なのは、検索意図に対してどう応えるかだけではなく、

    そのような検索意図を持つ読み手に対してどう応えるかです。

    同じく「検索エンジンでの検索結果における順位を上げる方法について知りたい」という検索意図を持つ「検索順位 上げる」というメインキーワードの例で行くと、

    前者であれば、提供価値は単に「検索順位を上げる方法」になってしまいますので、方向性は定まりません。

    後者であれば、例えば、「検索順位の低迷に悩んでいる企業のWEB担当者」をターゲットとするならば、コンテンツの作成のみならず、SEO全般に触れる必要があるでしょうし、

    一方、「雑談ブログを運営している個人」がターゲットであれば、記事の内容は主にキーワードの選定やSEOライティング技法になるでしょう。

    記事の着地点(記事の目的)

    記事の目的は、単に読み手に価値を提供するだけではなく、そのリターンとして何等かの目的が設定されているはずです。

    例えば、サービスの宣伝、ランディングページへの誘導、会員登録、資料請求、リード獲得、などなど実に様々です。

    目的を達成できるかどうかが、ライティングにかかっているので、記事が目的に着地できるように執筆者(ライター)と共有しましょう。

    サブキーワード(オプショナル)

    本来ならば、「1記事1キーワード」というルールを遵守すべきですが、特殊な状況においてはサブキーワーの設定も認められています。そういう場合は、サブキーワーを記載しましょう。

    共起語

    メインキーワードとよく一緒に現れる単語のことです。

    文脈上にメインキーワードと関連することがほとんどなので、実務的には、記事コンテンツの中に、1回以上は使って欲しいキーワードになります。

    ただ、一緒に現れることが多いとは言え、必ずしも執筆している記事と関連するとは限りませんので、事前に精査をしましょう。

    目標文字数

    記事の目標文字数を指定しましょう。

    文字数の多寡は検索エンジンの評価に直接的な影響を与えませんので、読み手の疑問を解消するのに必要な文字数で指定しましょう。

    検索意図によって異なりますが、3,000文字~5,000文字を目安としましょう。

    記事の文字数についてもう少し詳しく知りたい場合は、「SEO対策に文字数は関係ないが記事の文字数には目安がある?!」をご一読ください。

    158

    レギュレーション・注意点

    記事を執筆する際のレギュレーションや注意点です。

    例えば、

    • ですます調で書くこと
    • 専門用語はなるべく避ける
    • 下記の見出しおよびそれぞれの指示をもとに文章を展開
    • 指示の使いまわしは不可
    • 見出しの変更は不可
    などなどが挙げられますが、実際の状況に合わせて指定しましょう。

    タイトル

    記事の執筆者(ライター)がタイトルから一定の方向性を掴めるように、タイトルは構成案を企画する段階において予め作成しましょう。

    なお、PC(デスクトップ)やスマホでは、検索結果で表示されるタイトルの文字数が異なりますので、30文字を目安に作成しましょう。

    Description(ディスクリプション)

    導入文の要約を120文字で記載しましょう。

    Descriptionは、執筆者(ライター)ではなく、企画担当者が書くことも多いです。

    また、取り合ず執筆者(ライター)に、後述するリードに合わせて先に作成してから、企画担当者が修正するという方法もあります。

    Descriptionを作成するコツ

    GoogleでのDescriptionの表示文字数はPC(デスクトップ)が120文字前後でスマホだとが50文字前後だと言われていますので、50文字+70文字という構成で書きましょう。

    前半の50文字において、50文字だけでも記事の内容がわかる短いバージョンのDescriptionにしましょう。

    後半の70文字はそれを補足する形で、前半と後半を合わせて120文字の長いバージョンのDescriptionを構成します。

    そうすれば、スマホの場合は短いバージョンのDescriptionが表示され、PC(デスクトップ)には長いバージョンのDescriptionが表示されます。

    リード(導入文)

    文章の冒頭に位置するリード(導入文)には、

    記事の概要を伝える役割だけではなく、記事目的への誘導などの役割もあるので、極めて重要です。

    しかも、ほとんどの場合、読み手はリードだけで、その文章を読むか読まないかの判断をするので、

    そのため、執筆者(ライター)ではなく、企画担当者が書くことも結構あります。

    • 記事を読んで得られるベネフィットは何か
    • どんな人がベネフィットを得られるか
    の2点を含めた150~200文字をリード(導入文)として記載しましょう。

    見出し・説明

    見出しの考案を執筆者(ライター)が担当する場合は不要ですが、そうでない場合は、

    全ての見出しと共に、その章立てにおいて、何を書くべきかの指示をしましょう。

    記事の構成案を企画する時の注意点

    これまでに述べた13項目に沿って作成すれば、記事の構成案が出来上がりますので、最後に何点か記事の構成案を企画する時の注意点に触れておきます。

    認識のズレには気を付けよう

    とりわけ記事の執筆を外注する場合ですが、

    執筆者(ライター)が記事を作成するにあたり、記事の構成案しか参考できる資料はなく、

    • 自社内でしか把握していない情報
    • 自社内でしか理解できていない前提
    • 自社内でしか蓄積していないノウハウ

    などは、外部の執筆者(ライター)にもありません。

    そのため、これらの共有が記事の構成案を通じて行われていないと、必ず認識のズレが生じてしまいます。

    また、業界内の常識は意外と主観的なので、仮に業界に精通している執筆者(ライター)に依頼する場合においても、うるさいと思われるほど丁寧に構成案を企画しましょう。

    見出しのコピペは控えよう

    稀に、誰も対策していないキーワードを発見することはありますが、基本的には、インターネット上に既にそのキーワードに関する記事が存在している状態です。

    そのため、既にある記事の見出しを参考する場合も少なくありませんが、コピペは必ず控えましょう。

    執筆者(ライター)は見出しの構成に従い、文章を展開していくため、見出しがコピペだと、文章も似たような展開になりますので、検索エンジンの評価を押し下げることになります。

    メインキーワードから離れないようにコントロールする

    よくあることですが、執筆していくとあれもこれも書きたいと、本題から離れてしまいます。執筆者(ライター)がそうならないように、構成案を用いて、メインキーワードから離れないようにコントロールすることがポイントとなります。

    状況に応じて構成案の作成を機に制作体制を見直そう

    構成案を企画していると、

    この記事は社内で書いてもよさそう

    になることはあるし、逆に、

    社内で書くより、この記事のライティングは外注した方がよい

    となる場合もあります。

    そういう場面に直面する際は、「もしかしたら制作体制を見直すタイミング?」としてのシグナルを捉えましょう。

     

    関連記事

    RELATED ARTICLE
     
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=4

    キーワードを効果的に選定するコツ|リストアップする4つの方法



    キーワードを効果的に選定するコツと誰でも簡単にできるキーワードリストアップの4つの方法を紹介
    #キーワード選定 #キーワードリストアップ #SEO対策 #ブログのSEO対策 #検索順位を上げる
    2022-08-30 23:31:43
    1316
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=135

    SEOに強いブログやサイトの作り方|オウンドメディア運営とコンテンツ作成の鉄則



    SEOに強いブログやサイトの作り方をわかりやすく解説。オウンドメディアの運営やコンテンツ記事の作成の鉄則とコツも公開
    #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策
    2022-08-30 23:32:41
    1242
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=136

    ブログのアクセスを増やす3つの方法|PV増えない時に自分でできるSEO対策



    ブログのアクセスを増やす3つの方法とPVが増えない時に自分でできるSEO対策を解説しています。
    #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策
    2022-08-30 23:32:51
    1261
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=137

    検索ボリューム(google検索数)の調べ方|キーワードプランナーとそれ以外の使い方



    検索ボリューム(google検索数)の調べ方を解説。Googleのキーワードプランナーを使った方法と使わない方法を説明
    #SEOツール #SEO対策 #ブログのSEO対策 #Google
    2022-08-30 23:33:01
    1218
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=138

    検索順位を上げる15のポイント|誰でも簡単にGoogle検索の上位表示を可能にするコツと裏技



    誰でも簡単にできる、検索順位を上げる15のポイントを実施すれば、簡単にGoogle検索の上位表示が可能になる。
    #上位表示 #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策 #Google #検索順位を上げる
    2022-08-30 23:33:14
    1273
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=139

    グーグルサーチコンソールの使い方|登録・設定から見方まで解説



    グーグルサーチコンソール(Google Search Console)の使い方を、登録、設定から、各項目の見方までわかりやすく解説
    #SearchConsole #SEOツール #Google #SEO対策
    2022-08-30 23:33:26
    1265
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=140

    サイトやブログの専門性を高める方法と手順~検索順位との関係と上位表示のためのコツ



    サイトやブログの専門性を高める方法と手順を。関連キーワードを抽出する方法から、検索順位との関係と上位表示のためのコツも公開。
    #検索順位を上げる #SEO対策 #ブログのSEO対策 #キーワード選定
    2022-08-30 23:31:59
    1376
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=141

    Google検索結果から削除する|検索されないようにするサーチコンソールの申請方法



    Googleサーチコンソールの削除機能を活用したGoogle検索結果から削除する方法を解説
    #SearchConsole #SEOツール #Google
    2022-08-30 23:33:42
    1272
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=142

    検索順位の調べ方と改善方法|キーワードの順位をチェックする方法と無料ツールの紹介



    検索エンジンにおいての検索順位を調べる方法や改善する方法を説明。キーワードの順位を無料でチェックできるツールも紹介。
    #SEO対策 #ブログのSEO対策 #SearchConsole #上位表示 #検索順位を上げる
    2022-08-30 23:33:53
    1252
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=143

    サイトやブログのPDCAを回す方法|事例から見るクリック率やUIなどの改善方法



    サイトやブログのPDCAを回す方法、チェックすべき項目などを解説しながら、具体的な事例も紹介していきます。
    #SEO対策 #アクセスを増やす #ブログのSEO対策 #検索順位を上げる #キーワード選定
    2022-08-30 23:32:20
    1242
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=144

    ページのクリック率が低い場合の対応と上げるコツ|サーチコンソールから対策すべき記事とクエリの見つけ方と改善する方法



    ページのクリック率が低い場合の対応とクリック率を上げるコツを解説。サーチコンソールから対策すべき記事とクエリの見つけ方と、具体的に改善する方法を説明
    #SEO対策 #アクセスを増やす #SearchConsole #クリック率を改善 #PDCA
    2022-09-04 09:57:15
    1251
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=145

    キーワードのグルーピンと選定のやり方|キーワード分類から記事への入れ方まで解説



    キーワードのグルーピンと選定のやり方を説明。キーワード分類から記事への入れ方も。
    #キーワード選定 #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策 #キーワードリストアップ
    2022-09-04 09:59:50
    1266
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=146

    キーワードマッピングでSEO対策記事を可視化|無料マインドマップツールでできるキーワードマップの作り方



    対策記事を可視化にするためのマインドマップの作り方を紹介
    #記事制作 #SEO対策 #ブログのSEO対策 #SEOツール #オウンドメディア立ち上げ
    2022-09-04 09:59:38
    1179
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=148

    検索ボリュームの目安から考える検索ボリュームの少ないキーワードのSEO対策



    検索ボリュームの少ないキーワードの対策法を解説。検索ボリュームによる分け方や検索ボリュームの目安も紹介
    #キーワード選定 #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策 #記事制作 #ライティング
    2022-09-04 09:59:22
    1162
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=149

    コンテンツのネタに困ったら?記事に書くことの探し方



    記事に書くことに困っている人向けにコンテンツネタの探し方を解説
    #記事制作 #SEO対策 #オウンドメディア立ち上げ #ライティング
    2022-09-04 09:59:15
    1161
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=150

    ブログに何を書く?書くことがない時に一般人でもできる記事ネタの探し方とコツ



    ブログに書くことがないと悩んでいる人向けに、一般人でもできる記事ネタの探し方を紹介。一般的な方法と「百年SEO」が推薦する独自の方法を紹介。
    #記事制作 #ライティング #ブログ運営 #ブログのSEO対策
    2022-09-09 11:55:11
    1163
    SEO@CS
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=155

    コンバージョン



    コンバージョン
    2022-08-09 18:41:56
    23
    論壇管理員
     

    ピックアップ記事

    PICK UP ARTICLE
     
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=138

    検索順位を上げる15のポイント|誰でも簡単にGoogle検索の上位表示を可能にするコツと裏技



    誰でも簡単にできる、検索順位を上げる15のポイントを実施すれば、簡単にGoogle検索の上位表示が可能になる。
    #上位表示 #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策 #Google #検索順位を上げる
    2022-08-30 23:33:14
    1273
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=157

    オウンドメディアの公開記事数の目安|コンテンツの量と質から考える最適な記事数



    オウンドメディアがSEOの効果を得られるために必要最低限の記事数を【SEOの理論的な観点】、【実際の状況】、【実務的な観点】の3つのアプローチから解説
    #オウンドメディア立ち上げ #アクセスを増やす #SEO対策 #記事制作 #ライティング
    2022-09-15 09:16:25
    1207
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=136

    ブログのアクセスを増やす3つの方法|PV増えない時に自分でできるSEO対策



    ブログのアクセスを増やす3つの方法とPVが増えない時に自分でできるSEO対策を解説しています。
    #アクセスを増やす #SEO対策 #ブログのSEO対策
    2022-08-30 23:32:51
    1261
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=4

    キーワードを効果的に選定するコツ|リストアップする4つの方法



    キーワードを効果的に選定するコツと誰でも簡単にできるキーワードリストアップの4つの方法を紹介
    #キーワード選定 #キーワードリストアップ #SEO対策 #ブログのSEO対策 #検索順位を上げる
    2022-08-30 23:31:43
    1316
    https://seo.critical-s.com/forum/article?articleids=150

    ブログに何を書く?書くことがない時に一般人でもできる記事ネタの探し方とコツ



    ブログに書くことがないと悩んでいる人向けに、一般人でもできる記事ネタの探し方を紹介。一般的な方法と「百年SEO」が推薦する独自の方法を紹介。
    #記事制作 #ライティング #ブログ運営 #ブログのSEO対策
    2022-09-09 11:55:11
    1163
    一人でもできる、百年も通用するSEO対策
    ©2019-2022 InfinityMatching All Right Reserved.